Japan


 
Home > 会社概要 > ビー・ブラウングループ

ビー・ブラウングループ

医療・ヘルスケア セクターのグローバル サプライヤー

センター・オブ・エクセレンス(CoE): ビー・ブラウングループでは、研究・開発機能を併せ持つ製造拠点をこう呼んでいます。ここには常に最新の情報が集められ、蓄積された知識やノウハウをベースに、最先端の技術を駆使し、新しい治療法と製品の創造への取組みが行なわれています。

1839年に、 ドイツ・メルズンゲン市のRosen-Apotheke (ローズ・ファーマシー)という、小さな薬局から始まったビー・ブラウン社は、現在では、ビー・ブラウングループとして64カ国に 58,000名の社員を持ち、150カ国へ向け製品を送り出しています。

事業規模は、2015年度総売上高にして64.7億ユーロ(約7,800億円)。世界の医療・ヘルスケア市場における総合サプライヤーとして、成長を続けています。