創傷治癒に影響を及ぼす要因

創傷治癒に影響を及ぼす因子の特定


創傷治癒を妨げる因子を特定し、排除することは、創傷の治癒に欠かせない基本的なステップです。 慢性創傷は、創傷の内部の状況(局所的因子)だけでなく、患者の全身状態(全身性因子)によっても影響を受けます。 ゆえに創傷治療では、常に総合的な治療アプローチが求められるのです。

局所的因子 全身性因子
細菌の定着 心臓血管疾患
フィブリンコーティングおよび壊死 神経障害(糖尿病)
創感染 代謝性疾患
創傷の衛生状態不良 低栄養状態
血液の供給不良 投薬(例:ステロイオド)
低酸素飽和状態 免疫活性剤
破片、残骸 高齢
圧力 喫煙