クッキーについて

クッキーとはなんですか?

クッキーとは限られた時間、情報を保存するテキストデータです。 ほとんどのWebサイトでは使われています。これらは、ユーザーがWebサイトに初めてアクセスした時、ブラウザによって自動的にダウンロードされ、保存されます。 クッキーは、名前と値という、少なくとも2つの構成要素を含んでいます。クッキーは通常、指定された有効期限が切れると自動的に消滅します。 クッキーにはセッションクッキーとパーシステントクッキーがあります。セッションクッキーは、ブラウザのセッションが終了すると、自動的に削除されます。パーシステントクッキーは、指定されたクッキーの有効期限まで、PCに保存され、期限がくると削除されます。これらのクッキーは、ユーザーがWebサイトを再度訪問した際、ユーザーが好む設定を記憶しています。

クッキーとは害のあるものですか?

確実な答えはありません。 クッキーが、Webサイトのどのデータを保存するのか、しないのか、また、どのような目的でその情報が使われるのかによります。 クッキーは、例えば、ハンマーやのこぎりなどのような、ツールであると考えられます。 役に立つものとして意図されていますが、間違った使い方をされる場合もあります。従って、ユーザー個人にとって、どのクッキーが必要かつ重要であるか、何が保存されるべきではないのかを区別し、決めるのは意味のあることです。 その判断に応じて、ユーザーはクッキーの設定を変更するべきです。

クッキーは何のために必要なのですか?

クッキーは、ユーザーのWebサイト閲覧を快適にするものです。例えば、オンラインショッピングの場合、ユーザーがページを再訪問した時、以前カートに入れた商品をWebサイトに記憶させていたり、ユーザーが好むレイアウトやフォントサイズが自動的に表示されるようにします。 しかし、すべてのクッキーが役立ち、ユーザーのためになるというだけでもありません。例えば、クッキーのトラッキングは、、ユーザーのWeb上の行動をモニターしたり、広告を掲載したり、より操作性を上げたりするために使用されます。 従ってユーザーは、どのクッキーを許容し、どのクッキーを拒否するのかを考えることが重要です。その判断をするためには、どのような種類のクッキーが存在するのかを知ることが役に立ちます。

クッキーには、どんな種類があるのですか?

  • 機能性クッキーは、Webサイトの基本的機能に必要不可欠なものです。 このクッキーなしでは、Webサイトを思うように使用することができません。 ページがhttpからhttpsへ遷移する際、正しい機能を提供し、セキュリティーの要件に応えます。非特定化した情報を収集(よって、個人を特定して結び付けられることもありません)するので、他のWebサイト上でのユーザーの行動をモニターすることはできません。 セッションの間だけ保存されるため、セッションクッキーのカテゴリに属します。 このクッキーの使用に対するユーザーの同意は不要です
  • ファーストパーティークッキーは、法的定義によれば、Webサイト使用において必ずしも必要ではないクッキーです。 しかし、ユーザーの閲覧体験を改善するという重要なタスクを行っています。 例えば、言語の選択など、ユーザーが選んだ設定を確実に保存します。 これらクッキーに含まれる情報は特定のWebサイトで使用されます。
  • パフォーマンスクッキーは、ビジターがどのようにWebサイトを利用しているか--つまり、どのページを頻繁に呼び出しているか、エラーメッセージは表示されうか、などの情報を集めます。 これらのクッキーは、それ以外の情報を保存しません。 単に、操作性の向上や、いかに個々人に応じたWebサイトにするかのために専ら使用されます。 情報は非特定化され保存されます
  • Webサイトに第三者のコンテンツが組み込まれている場合、ユーザーが第三者のWebサイトを直接閲覧していなくても、第三者プロバイダーはクッキーを適用することができます。 これらのクッキーは、サードパーティークッキーと呼ばれています。 第三者により使用され、ユーザーの情報を保存し、ユーザーが直接そのサイトを訪問した時には、そのユーザーを認識し、Webサイトをそのユーザーに合った形で表示します。 例えば、WebサイトにYouTubeが埋め込まれていたりした場合、可能です。
  • クッキーがマーケティング目的で使用される場合、マーケティングクッキーと呼ばれる。 ユーザーに関係した広告を、ユーザーに応じて表示するために使われます。 広告表示の頻度と広告キャンペーンの効果を測定するためにも用いられます。

どこで自分のクッキーの設定を決めることが出来るのですか?

ほとんどのWebサイトには、クッキー使用についての通知が含まれています。 ユーザーも、自身の希望に沿ったクッキー利用許可の調整を、ブラウザの設定の中で行うことができます。 主要なブラウザであれば、全てのクッキーの許容、削除または特定の種類のクッキーの許可などの設定をすることが可能です。 ブラウザ設定で「クッキーを許可しない」を選べば、コンピュータへの保存を中止することができます。 しかし、全てのクッキーを拒否してしまうと、機能が限定されてしまうWebサイトもあります。 コンピューターへの保存は、いつでも削除することができます。 詳細な方法については、お使いのブラウザやコンピュータの説明を参照ください。

どのクッキーがB. BraunのWebサイトで使用されているのですか?

名称 説明 Category
BT_*
et*
_v*
_et*
noWS_*e
idSdEnabled

これらのクッキーは、Web分析システム「etracker」用のデータを記録します。 ビジターのWeb上の行動に関する情報を収集することで、皆様のニーズに沿ったWebサイトの改善に役立てます。
パフォーマンスクッキー
s_cc
s_sq
s_vi
s_fid
sat_track
Adobe Analyticsは、異なる検索エンジンからのリクエストを差別化し、役立つ情報を蓄積して、よりユーザーのニーズに見合うWebサイトになるための一助となります。Analyticsはcookiesを使い、匿名で新しいビジターであることを明確にし、ユーザーの行動を分析し、Webサイト上のアクティビティを追跡します。 パフォーマンスクッキー
cookiesConfirmed ユーザーが、クッキーに関する免責事項をクローズした記録をとります。 これにより、ユーザーが、クッキーに関する通知を認識したことが確認できます。 パフォーマンスクッキー