B. Braun アジアパシフィック 沿革

製品クイック検索

「製品を見る」または「サブカテゴリを見る」をお選びください

創業から40年 - B. Braun アジアパシフィック成長の歩み

アジアパシフィックにおけるB. Braunグループのこれまでの歩みを簡単にまとめました。

1972年: マレーシアのペナンにあるグループ初の生産施設でアジアでの事業を開始。

1980年: マレーシアのクアラルンプールに営業拠点を設立。

1982年: シドニーにB. Braun Australiaを設立。

1984年:   インドのゴアにSabindia Plastics Private LimitedとしてB. Braun Indiaを設立。
                2011年にインドのOyster Medisafe社、2012年にAhlcon Parenterals社を買収。

1985年:    マニラにB. Braun Philippinesを設立し、2002年に透析サービスを開始。

1986年:    日本初の子会社を東京に設立、翌1987年には栃木工場の操業を開始。

1987年:    シンガポール初の子会社を設立。

1989年:    タイのバンコクと台湾の台北市に子会社を設立。

1990年:    インドネシア初の子会社をジャカルタに設立、さらに韓国のソウルで事業を開始

1995年:    パキスタンのカラチに営業所を開設。

1992年:    ベトナムのホーチミンに初の駐在員事務所を開設、翌1993年にはハノイにも開設。1997年と2011年にハノイに工場を2ヵ所設立。

1999年:    中国の上海に子会社を設立。2004年には蘇州に工場を建設。2014年には、山東省のジョイントベンチャーを買収。

2006年:    オークランドにB. Braun New Zealandを設立。

2010年:    スリランカのコロンボに販売子会社を設立。

2017年:    インドネシアのカラワンに、製薬の新工場を竣工。