B. Braun アジアパシフィックの拠点

製品クイック検索

「製品を見る」または「サブカテゴリを見る」をお選びください

B. Braun アジアパシフィック

B. Braun アジアパシフィックの本社でもあるB. Braun Medical Industries社は、マレーシアのペナンにあります。 ここはまた、アジアパシフィック地域におけるB. Braunグループ初、そして最大の製造拠点でもあり、B. Braunグループの医療技術、製薬事業を含むアジアパシフィック地域全体の事業を統括する要となっています。

B. Braunのアジアパシフィック地域における拠点には、オーストラリア、中国、香港、インド、インドネシア、日本、韓国、マレーシア、ニュージーランド、パキスタン、フィリピン、シンガポール、スリランカ、台湾、タイ、ベトナムがあり、また新興市場にも営業所および生産拠点を置いています。

アジアパシフィックの各国に

B. Braunは、アジアパシフィック地域の主要都市に営業所を置いています。 B. Braunグループは、常に品質と安全性を追求した製品お届けすることで、175年以上にわたる実績を築いてきました。 お客様やパートナーの皆様との建設的な対話を通じて、そのニーズを深く理解し、効果的なソリューションの開発に努め、ヘルスケアシステムの基準の方向性を定めることに注力しています。 ぜひ、皆様の声を聞かせてください。