「骨温存」の概念を日本仕様の人工関節へ

「骨温存」の概念を日本仕様の人工関節へ

バイコンタクト人工股関節システム 25周年

ドイツ ビー・ブラウン社(B. Braun Melsungen AG)が32年前にヨーロッパで上市した骨温存型人工股関節システムが、日本に導入されたのが1994年。このたび25年目を迎えます。

「骨温存」の概念は、今でこそ、整形外科分野においても広く認知されていますが、その当時は日本において画期的な考え方でした。

人工股関節置換術において、できるだけ骨を残すということは、手術直後の身体への負担を減らすことおよび、長期的な運動機能の温存につながります。 バイコンタクト人工股関節システムの特徴は、骨温存のための薄い形状、良好な固定を得るための近位部のデザイン、および表面加工と荷重伝達機構にあり、22年間で95.0%のサバイバルレート(インプラントの体内生存率)という、良好な臨床成績をあげています。 

手術の傷をなるべく小さくして患者の早い回復を、という現在ではよく聞かれるようになった「低侵襲治療」にもつながる発想です。 

日本人の体格や疾患は、欧米人と異なります。 そこで、ビー・ブラウンエースクラップ株式会社ではバイコンタクト人工股関節システムを、日本人医師協力のもと、日本人患者向けに改良を進めました。

1996年に、初めての日本人向け製品を発売し、その後も、弛まぬ研究と蓄積された臨床成績などをもとに、2005年、2014年と、日本人向けの更なるデザイン改良が加えられ、現在に至っています。 

本日から開催される第46回日本股関節学会(於 フェニックス・シーガイアリゾート)では、弊社展示ブースにおいて「バイコンタクト人工股関節システム 発売25周年」を掲げ、展示を行います。

ビー・ブラウンエースクラップ株式会社は、今後もドイツをはじめとするヨーロッパにおける知見や技術を、日本人および日本市場のニーズに合った製品として提供し、患者のQOL向上に貢献していきたいと考えています。