ビー・ブラウンエースクラップ栃木工場にR&D部門新設

ビー・ブラウンエースクラップ栃木工場にR&D部門新設

日本発製品の足掛かりとなる、R&D部門が新設されました。

ビー・ブラウンエースクラップ株式会社(本社:東京、代表取締役:藤原武志、以下「当社」)は、局所麻酔針をはじめとする穿刺針の製造拠点である栃木工場(栃木県栃木市)に、このたびR&D(研究開発)部門を新設いたしました。日本発の製品を世界に展開していくことを視野に入れた第一歩となります。

ビー・ブラウンエースクラップ栃木工場は、1987年に操業を開始。以来、主に局所麻酔領域の穿刺針を製造し、ビー・ブラウングループの各国の拠点に輸出してまいりました。2017年には新工場を設立し、世界の需要に対応する量産体制を敷いています。現在、グループの局所麻酔針の主要製造拠点として、世界で使われる約35%の局所麻酔針を製造しています。

近年、ドイツ本社R&Dとの共同開発プロジェクトも増え、開発分野においても実績を積む中、今回、長年の構想でもあったR&D部門の立ち上げとなりました。

ドイツ本社R&Dの社員も組織の一員として参加し、当面は本社と連携する中で製品の改良を中心に行います。その後、日本の医師からの提案などをグローバル製品に反映させる開発や改良を次の段階として定め、将来的には、栃木工場が開発から製造までを一貫して手掛ける「栃木ブランド」の製品を、世界で展開していくことを目指します。

ビー・ブラウンエースクラップ株式会社は、ドイツと日本それぞれの発想や技術の長所を活かすことの出来る栃木工場R&D部門を通じ、日本と世界の医療に貢献していきたいと考えています。