内視鏡下手術                 
患者さまの更なる
QOL向上を追い求めて

医療従事者の確認

この先は、医療従事者の方を対象とした情報を提供しております。 大変申し訳ございませんが、医療従事者の方以外はご遠慮ください。


あなたは医療従事者ですか?


Confirm Cancel

小さい傷で早期社会復帰が可能

日本においては1990年代に導入され、多くの先生方が研鑚を重ね、昨今では標準手術としての位置づけとなっている内視鏡外科手術。 

患者さまの肉体的・精神的・社会的・経済的といったすべての面を含めた生活の質の向上(Quality of Life)を目的に、多くの施設で行われております。

当社は、ドイツの技術、また、歴史や経験に基づいて構築されたノウハウを、製品やソリューションという形に換え、医療現場に貢献し続けることで、内視鏡外科手術の未来を支えたいと考えています。