疼痛管理 患者さまにとって
より快適なペインコントロールを

医療従事者の確認

この先は、医療従事者の方を対象とした情報を提供しております。 大変申し訳ございませんが、医療従事者の方以外はご遠慮ください。


あなたは医療従事者ですか?


Confirm Cancel

疼痛緩和を促す 

医療処置や外科手術、さらには術後の管理では、麻酔や十分な疼痛管理が欠かせません。疼痛を効果的に管理しつつ、オピオイドの使用量だけでなくオピオイド関連副作用を減らすために、周術期管理におけるマルチモーダル鎮痛法が重要性を増しています。 全身麻酔や全身鎮痛に代わり、脊髄幹麻酔(脊椎麻酔、硬膜外麻酔)や局所神経ブロックなどを併用する局所/区域麻酔や鎮痛法が選択される傾向があり、この流れは今後も加速すると予想されます。