Aesculap Quality - 製造

医療従事者の確認

この先は、医療従事者の方を対象とした情報を提供しております。 大変申し訳ございませんが、医療従事者の方以外はご遠慮ください。


あなたは医療従事者ですか?


はい いいえ

手術器械の製造拠点

国際的な認証を受けた製造所にて、専門的な技術教育を受けたマイスターが製造しています。

製品の品質を高いレベルで均一化するため、材料の検査から製造工程まで一貫した管理を行っています。

AESCULAPの品質保証

 
  • ISO 9001 / EN46001 認証
  • 国際的に証明された品質の均一性
  • 医療機器ガイドライン 93/42/EEG Appendix II
  • 環境管理規則 1836/93

研修期間

AESCULAPの技術者の研修期間は、平均3年半以上です。
研削、ミリング加工、研磨などの基礎技術から自社基準に基づく手術器械の製造技術まで、実地で総合的に習得しています。

【形状と寸法】

ノギスを使用し、規格からの逸脱がないかを検査します。

化学的組成の検査

【化学的組成の検査】

化学的組成の検査は、炭素、クロム等の含有率が規格に準拠しているかを検証します。

【結晶粒組織】

検査により、製造の初期段階で材料破損の原因を検出します。

機械的特性の検証

【機械的特性の検証(応力試験)】

機械的特性(延性、硬度)の検査により、材料が特定の応力に耐えられるかを確認します。

【許容誤差】

AESCULAP基準の許容誤差は、DIN, ISOよりも厳しく設定されています。

【測定許容誤差】

測定許容誤差についても、AESCULAP基準はDIN, ISOよりも厳しく設定されています。

AESCULAP基準・DIN

【AESCULAP基準 VS DIN】

AESCULAP基準に基づき、製造時での正確な再現性(位置、寸法、品質)を検証します。

【表面加工の重要な工程】

表面加工を施すことにより、手術器械の耐腐食性を向上させています。

【図面・マスターサンプル】

図面やマスターサンプルなどを手本として、形状や寸法を正確に検証しています。

Related Documents

Description Document Link
【カタログ】AESCULAP Brand Philosophy
pdf (17.3 MB)